› トップ › 酵素について › 酵素ジュースを効果的に飲むポイント

酵素ジュースを効果的に飲むポイント

 

ダイエットや健康に良いと酵素が話題になっています。
人気の高い芸能人が酵素を飲んでいることをブログなどにアップしていることも注目されている理由だと思います。

酵素ジュースとは

酵素ジュースを効果的に飲むポイント

果物や野菜の酵素や栄養を抽出したドリンクです。 酵素ドリンクを手作りして、飲んでいる方もたくさんいらっしゃいます。 酵素ドリンクを作るのに必要なのが新鮮な野菜や果物です。 できるだけ野菜や果物の種類が豊富な方がいろいろな栄養成分が取れるかと思います。
小さく切った野菜や果物を砂糖に漬け込み醗酵させたものが酵素ドリンクです。 弊社の生酵素ドリンクは、ショ糖(砂糖)を一切使用していません。 また保存料添加物も使用していません。 従来品よりカロリーを50%カットしているのでダイエット中の方にも安心です。

手間や時間をあまりかけられないという方には当サイトの生酵素ドリンクをおすすめします。 当サイトの生酵素ドリンクは使用している野菜や果物・海藻類・キノコ類など種類が豊富なことが特徴です。また乳酸菌も配合しています。 ご家庭でこれだけの野菜や果物などを用意するのは不可能です。

なかには、激安価格の酵素飲料があるかと思いますが、実際に使用している野菜や果物が少なかったりすることもあるので注意しましょう。 体にいいとされる酵素ドリンクをより効果的に飲むポイントはどんなことでしょう。

生酵素ドリンクを効果的に飲むポイント

食事の前

酵素は食事で得られた栄養の消化や吸収を助ける働きがあるので、食事の前に飲むことをおすすめします。 また、空腹の状態で生酵素ドリンクを飲むと酵素の成分の吸収が早くなります。 とくに、朝食の前に飲むと腸に刺激を与えるので便秘解消につながります。

プチ断食中

胃腸を休めるためのプチ断食最中の水分補給に生酵素ドリンクがおすすめです。 生酵素ドリンクの成分が吸収されやすくなり、新陳代謝を高めやすくします。 生酵素ドリンクで気分も落ち着き、断食中のストレスが少なくなるでしょう。

夕食の換わりに

ダイエット中でしたら3食のうち1食を生酵素ドリンクにしてはいかがでしょう。 1日のカロリーの摂取量を抑えられます。 夕食後は体を動かすことが少ないのでどうしても摂取したカロリーをため込んでしまいます。

その夕食を生酵素ドリンクに換えると体がすっきりすると思います。 どうしても何かを口にしたくなった時にも生酵素ドリンクを飲むことで気分がまぎれ、長くダイエットを続けることができます。

就寝前に

夜10時から2時の間は代謝のゴールデンタイムです。なるべく早く就寝し就寝前にお飲み下さい。

オススメの飲み方

生酵素ドリンク20ml~40ml + 水 or ソーダ or ジンジャエール + 氷 + レモン
生酵素ドリンク20ml~40ml + 牛乳 + 氷
生酵素ドリンク20ml~40ml + グレープフルーツジュース + 氷
生酵素ドリンク20ml~40ml + オレンジジュース + 氷

その他の飲み方

ハチミツ、ジュース、トマトジュース、フルーツジュース、りんごジュースなどなど。

オススメは、空腹感を補える「炭酸」割。 酵素ドリンクに炭酸飲料を混ぜることで置き換えした時の空腹感を緩和することができます。
アンケート結果でも80%以上の方が空腹感を感じなかったと出ています。
「酵素の味が苦手」という方には、野菜ジュース等味の濃いもの、個性の強い飲み物でアレンジすることで、特有の苦味、味がまろやかになり、打ち消してくれます。

また、ハーブティーなどのフレーバーと混ぜてもおいしいです。 香りも付くので癒し効果も得ることができます。
ただし、注意があります。 酵素は熱に弱いのでティーなどはしっかりと冷ましてから酵素と混ぜてください。 せっかくの効果がなくなってしまいますから。

オススメカクテル

麦焼酎 + 氷 + 水(orウーロン茶) + 生酵素ドリンク20ml~40ml