style="; font-size:40px;"

› トップ › 酵素について › 衰えていく基礎代謝

衰えていく基礎代謝

 

最近、年齢を重ねると基礎代謝が衰えていくということが多くの人に知られています。
基礎代謝が衰えると体にどんな影響をもたらすのでしょうか。

基礎代謝とは

基礎代謝とは最低限の消費エネルギー

人が生きているだけで消費する最低限のエネルギーのことです。
人は何もしなくても心臓が動き、体温を維持するために臓器や筋肉が働くためエネルギーを消費しています。
1日に消費するエネルギーのおよそ70%を基礎代謝量が占めています。
(その内、脳と心臓と肝臓(全体の20~30%を占める)が中心)

基礎代謝が衰えると...

太りやすくなる


ダイエットをしてもなかなか効果が出ないという方は基礎代謝の低下が原因かもしれません。
同じように食べても、基礎代謝の高い人に比べ低い人はカロリーの消費が少ないので太りやすくなります。

むくみやすくなる


体内の水分の流れが悪くなるのでむくみやすくなります。
むくみがひどくなると皮膚がのびるのでたるみやすくなってしまいます。

肌の老化


血流やリンパの流れが悪くなり、老廃物の排出がうまくできなくなったり、細胞に栄養が行き届かなくなったりします。
肌を若々しく保つための成分を少ししか作れなくなり、肌の老化が進行しやすくなります。

便秘になりやすい


便秘の方は、腸内の悪玉菌が多く、その悪玉菌が発がん物質を作って門脈を通って肝臓に流れ、肝臓の働きを悪くします。
また、代謝が衰えると疲れやすくなります。

基礎代謝の衰えが気になったら

衰えていく基礎代謝

基礎代謝の衰えが気になっている30代、40代の主婦の間で人気なのが酵素飲料です。
酵素は体に取り込まれたミネラルやビタミンなどの栄養成分の働きを助けます。
また、体内で行われている代謝、消化、吸収の働きにも深く関わっています。
酵素も年を重ねると減少し、なくなると死につながります。
このように、最も大切な酵素を食事から摂ろうとすると生のものか発酵しているものにしか存在せず、47度以上の熱処理をするとなくなってしまいますので、酵素飲料やパウダーなどで効率よく摂取することが効率的です。(ヨーロッパ・ドイツでは酵素治療と言われるくらい重要視されています。)